生活習慣病のリスクを下げたいのなら高血圧にならないように生活する

夫婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

食事療法をもっと便利に

ご飯

健康宅配は低カロリーや低たんぱく、塩分制限など、自分や家族ではコントロールしにくい事を支援してくれます。治療にとって食事が重荷になっては、治療意欲も低下してしまいます。健康宅配は家事負担や心理的な負担の軽減となるでしょう。

Read

栄養バランスが良い食事

トラック

腎臓病を患っている方は、自宅まで宅配してくれる腎臓病食がおすすめです。このようなサービスを利用すれば、自分で腎臓病食を作る手間もありませんし、味も栄養バランスも計算されていますので、安心して食べることができます。

Read

咀嚼力が弱い高齢者

食べるシニア女性

高齢になると咀嚼力が衰えてしまうため、介護では噛まなくても良い料理が必要とされます。クリニコでは、柔らかく炊き上げたご飯と安心して食べやすくしたソースを販売しているため、こちらを活用すると介護の負担を軽減できます。

Read

食事で血圧をコントロール

和食

病食の利点と調理の工夫

塩分の過剰摂取や脂質の多い食事を続けることで、高血圧や肥満などの生活習慣病を招くリスクが高まります。毎日の食事を見直し、栄養バランスを考えて調理や摂取をすることで病気の予防や症状の改善を心がけましょう。自分自身で献立を考えたり調理をすることが難しい場合は、病食の宅配サービスを利用したり塩分や脂質を少なめに調理された減塩タイプの総菜などを購入することもできます。濃い味付けに慣れている人は、病食が味気なく感じる人も見られます。しかし、素材の味を生かして調理をしたりスパイスで味に変化をつけたりといった工夫で、十分に美味しく食事を楽しむことができるのです。食事を我慢しながら食べるのではなく、工夫次第で美味しく楽しむながら予防や改善ができます。

塩分量を計算された食事

病食は、高血圧や糖尿病などの病気を患っている人だけでなく、健康な身体づくりを意識している人にも人気があります。ビタミンCのように身体が必要としている量よりも過剰に摂取しても体外に排泄できる栄養素とそうでないものがあります。脂質は脂肪として蓄積され、塩分は血管を脆くしたり身体にとって負担が大きくなってしまうものもあることを知っておきましょう。高血圧の人は、塩分を控えた食事を続けることで血管への負担を軽減することができます。市販の総菜やレトルト食品には、多くの塩分が使われている場合があるため高血圧の人は成分表示などを確認して購入するように心がけましょう。高血圧の病食としてつくられているものは、塩分量を計算してあるため安心して利用することができます。