咀嚼力が弱い高齢者|生活習慣病のリスクを下げたいのなら高血圧にならないように生活する

生活習慣病のリスクを下げたいのなら高血圧にならないように生活する

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

咀嚼力が弱い高齢者

食べるシニア女性

噛まなくても良い料理

一定の年齢を超えると、年を重ねるごとに老化によって全身の筋力が低下していきます。歩くのが不自由になるのは脚の筋力が低下するように、顎の筋力が低下することによって噛む力(咀嚼力)も弱まってしまうのです。さらに、歯槽膿漏などで歯が抜け落ちてしまいます。昔は普通に食べれたものでも、高齢化するとともに噛みきれなくて食べれなくなるのはこのためです。高齢者の介護が必要となる人は、特別に噛まなくても良い料理を用意する必要がありますが、それが何かと大変なこととなります。そこでオススメしたいのが、食品通販サイトのクリニコです。しかし、ただの通販サイトではなく、流動食・嚥下食・栄養補助食品など介護をメインにした食品を主に扱っています。

ご飯とソースを販売

当然のことながら、クリニコでは咀嚼力が衰えた人に適した食品も扱っているのです。その一つが、介護食シリーズのやわらか亭です。柔らかく炊き上げたご飯に加えて、カレーや麻婆豆腐などソースを販売しています。固形と流動食の中間的な調理法をしているため、咀嚼力が衰えた人でも安心して食べることができますし、さらに満腹感も得ることもできます。またソースには納豆も加えられていますが、こちらは安心して飲み込められるように粘り気の少ないものを利用しているのです。このクリニコを活用すれば、介護で手間を取る料理の負担を大幅に軽減することができます。もしも、今まで介護で負担を感じている人がいるならば、クリニコを利用すると良いでしょう。